FC2ブログ

--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015/09/01

惑いの相剋 - You have a lot of nerve-

幕末設定。土千原。「対決シリーズ・原田VS土方」土方編。


 じりじりと灼けるように強かった日射しが、木々の葉を赤や黄色に染め上げる為の優しいものへと変わっていく、十月のある日。

「原田さん、お味噌汁のおかわりです。どうぞ。」
「おぅ、ありがとな。」
「オレもオレも!千鶴、味噌汁おかわりっ!」
「千鶴。すまないが、俺にも頼む。」

 にこやかに微笑みながら原田に碗を手渡す千鶴に、平助と斎藤が我も我もと給仕を頼みこむ。
 千鶴は嫌な顔一つせずに「はい」と嬉しそうに笑った。
 今日の食事当番は、千鶴と平隊士の連中だったらしい。
 いつもなら飯も味噌汁も勝手に盛っていきやがるのに、給仕係が千鶴だと知れた途端、こいつ等の態度はころっと変わりやがる。
 千鶴も千鶴で、嬉しそうな顔で甲斐甲斐しく世話を焼きやがるもんだから、咎める訳にもいかねぇ。
(ったく…大の男が、揃いも揃ってがきみてぇな女にでれでれと甘えやがって)
 内心苦々しく思いながらも、俺が黙って食事を続けていると。

「今日の味噌汁も、また格別だな。千鶴…お前、良い嫁さんになるぜ。」

 原田の躊躇のない自然な褒め言葉に、千鶴は「えっ」と驚いて顔を赤らめた。

「確かに!千鶴の作る飯、すっげー美味いもんなー!」
「料理だけではない。千鶴は繕い物も丁寧だ。勤勉で働き者でもある。良妻の素質は十分だ。」
「肝心の身体つきの方は、まだ追い付いていないけどね。まぁ…成長期だし、お嫁に行くまでにはそれなりに育つでしょ。良かったね、千鶴ちゃん。」
「何言ってやがんだ、総司!千鶴ちゃんは、今のまんまで十分可愛いじゃねぇか!」

 降って沸いた奴等からの褒め言葉にあたふたして、千鶴は盆を両手で抱きながら真っ赤な顔で狼狽えている。 その姿を、原田が柔らかい目線で見つめていた―――。






 昼餉の後。
 俺は、非番の原田に声をかけて自室へと呼んだ。

「何だよ、土方さん。わざわざ部屋に呼びつけるって事は、よっぽど大事な話なのかよ?」

 原田は俺の目の前に胡坐をかいて寛ぎながら、眉を下げて笑っている。
 俺は小さく息をつくと、静かに口を開いた。

「…話は他でもねぇ。千鶴の事だ。」
「…千鶴?」

 それまでへらへらと笑っていた原田の顔が、途端に引き締まる。
 瞳の奥に翳る何かが、瞬時にきらりと光った。

「あいつは、女だって事を隠している身だ。お前には悪いが、幹部しかいねぇ集まりの時でも、大っぴらにあいつを女扱いをするのは控えてくれ。今日みてぇに他の奴等がお前の態度を真似ると、そのうち平隊士があいつに興味を持ってちょっかいをかけてきやがるかもしれねぇ。屯所内での余計な揉め事は、出来る事なら御免こうむりてぇからな。」

 原田は俺の顔を黙ってじっと見ていたかと思うと、小さくため息をつきながら「何だよ、そりゃ」と悪態をついた。

「…何?」
「上の者が下の者を褒めるのなんて、普通じゃねぇか。土方さんは下の者の尻を叩いて伸ばすのが趣味なのかもしんねぇけどな、俺はそいつの良いところを褒めて伸ばすのを信条にしてる。あいつは男所帯で苦労してる身なんだからよ、そういうところを褒める奴が一人位はいても、良いんじゃねぇのか?」

(…それが「隊士」としての褒め方なら、俺も何も言うつもりはねぇが…お前の褒め方はちょっと違うんだよ)
 そう言いたかったが、原田特有の褒め方が隊士共のやる気を上げているのも事実だった。
 それに、こいつが良かれと思ってやっている事でもある。
 幹部としての真っ当な行いでそれなりの実績がある以上、副長の俺が安易に否定する訳にもいかねぇ。

「…言いてぇ事は分かるがな。千鶴の性別に気付いた敵が、そこを漬け込んでこねぇって確証が、一体どこにある?俺達は、遊びでここにいる訳じゃねぇ。それに…あいつも、てめぇの置かれている身の上は百も承知の筈だ。俺達の面子を潰したり、蔑ろにするような馬鹿な真似をする女じゃねぇ。お前が言っているのは、ただの杞憂だ。」

 俺の言葉が癇に障ったのか、原田は眉根をぴくりと動かした後、はぁーっと大きくため息をついて項垂れた。 胡坐をかいた膝の上に肘を突いてそのまま手の平に額を乗せているその姿は、何かをひどく苦悩しているように見えた。
 室内がしんと静まり返った頃、原田は俯かせていた上体をゆっくりと起こしながら「…あんた、気付いてねぇのか?」と呟くように俺に聞いてきた。
(俺が、気付いちゃいねぇ事だと…?)

「…一体何の話だ。」

 俺が眉根を寄せながら問いかけると、原田は一瞬だけ瞠目した後、くつくつと笑い出した。
 何となく、癇に障る笑い方だった。

「…土方さん。あんたが一番、千鶴の事を女扱いして甘やかしてんだよ。幹部…いや、山崎や島田も入るか。この事は、あんたと千鶴以外の皆も承知してる事だぜ?」

 楽しいのか悔しいのか分からねぇ複雑そうな顔の原田から投げつけられた言葉は、俺が心の中で一度も考えた事のねぇ言葉だった。



「歳、これなんかどうだ?」

 近藤さんは、嬉しそうな顔で俺の目の前に、小町娘が挿しそうな朱塗りの簪を差し出した。

「あー…ツネさんには、ちっと派手なんじゃねぇか?こっちの…この緑の方が、楚々としたあの人に良いと思うがな。」
「そうか。では緑にしよう。後は……。」

 近藤さんは俺の見立てに素直に応じると、次の買い物をする為にまた品物が並ぶ棚へと視線を落とした。
 俺と近藤さんは、小間物屋の店先で買い物をしていた。
 近藤さんから、「家族に何か贈り物を贈りたいから、一緒に見立ててくれ」と頼まれちゃあ、断る訳にもいかねぇ。
 多摩で近藤さんの帰りを待っているご新造のツネさんや養父の周斎先生、周斎先生のご新造さんのふでさんには、試衛館時代に何かと世話になった。
 今でも、多摩の方向には足を向けられて寝られねぇ思いでいる。
 おそらくそれは、新八や平助達も同じだろう。

「ご主人、ではこれを全部頼む。」
「へぇ、おおきに!」

 近藤さんは達成感に満ちた顔でいくつかの品物を手に取ると、主人を呼びつけた。
 上機嫌な顔でにこにこ笑いながら、金払いの良い近藤さんの気前の良さに、店の主人は満面の笑みで応対している。
 あわよくば、更に余計な品物まで押し付けそうな勢いだった。
(…ん?)
 俺が何気なく店の中を見回していると、別の棚枠の中で綺麗に折り畳まれた、色鮮やかな手拭が並んでいた。
 山吹、桜、萌黄、楓。
 職人が一枚一枚を丁寧に染めている物らしく、染め斑がまったくねぇ。
 色とりどりの美しい色合いに思わず視線を留めていると、店の奉公人らしき男が俺に声をかけてきた。

「この手拭、なかなかの色ですやろ?今日の朝、染物問屋さんから届いたばかりの、新しい物どすわ。若い女子はんへの贈り物なんかにええんやないかと思て、うちで品出しさせてもろたんどす。お客はん、えらい男前どすなあ。ええ仲のお人に、贈らはったらどうどすか?この桜なんか、今女子はんの中でも人気の色どっせ。」

 店の者に促されて桜色の手拭を手に取ってみると、俺が普段使っている物よりも随分柔らかい手触りだった。
 女物にと、気遣って作っている所為だと思った。


 ―――土方さん。


 綺麗に染め上げた桜色の奥に、あいつの姿を垣間見たような気がした。

「…歳?どうかしたのか?」

 背後から近藤さんにいきなり呼ばれて、俺は思わず手拭を袂にしまっちまった。
 はっと我に返ると、店の者が俺の所業に驚いて固まっている。

「こっ…このまま持って帰る。幾らだ。」

 顔を背けながら店の者に短く聞いて、俺は素早く金を払った。
 主人と店の者は、それぞれ違う思惑で俺達に笑いかけながら見送ってくれた。
 居心地の悪さから一刻も早く逃れたくて足早に店から遠ざかる俺の袂には、桜色をした女物の手拭が所在なさげに小さく丸まっていた。




 とっとと、この袂の中の代物をどうにかしねぇと―――俺の頭の中は、それしかなかった。
 鬼の副長と恐れられるこの俺が、こんな桜色の手拭を袂なんかに入れている事が周りに知れてみろ。
 総司の野郎に死ぬまで揶揄われるに違いねぇ。

「おい、千鶴。」

 俺は縁側に座っている原田と千鶴の姿を見つけると、何やら言いかけている原田を無視して千鶴に声をかけた。

「はっ、はい!…あ、土方さん!おかえりなさい!」

 千鶴はその場からすっと立ち上がると、着物の襟やら袴の皺やらを直してからぺこりとお辞儀をした。
 高く結い上げた髪が揺れて、ふわりと甘い香りが漂った。

「休んでいるところをすまねぇな。…これを、お前にやる。」

 原田の目の前で…というのが多少気まずかったが、背に腹は変えられねぇ。
 こいつも原田も、総司や新八と違って余計な事を言いふらす奴等じゃねぇからな…特に問題もねぇだろ。
 小さな手を引っ張って、袂の中で少し皺がよった手拭を乱暴に置く。
 千鶴は大きな瞳を数回瞬かせた後、震えた声で「頂いてもよろしいんですか」と問いかけてきやがった。
(…そこで聞き返すんじゃねぇよ)

「あぁ。女物の手拭なんか、俺が持っていても仕方がねぇ。お前は普段から、小姓の仕事も雑務もきちんとこなしているからな。俺からの褒美だ。受け取れ。」
「はい!ありがとうございます!」

 俺のぶっきらぼうな声とは違う軽やかに弾んだ千鶴の声が、俺の肩越しに聞こえた。
 真っ直ぐに微笑む千鶴の顔がまともに見れなくて、俺はすっと視線を外すと「じゃあな」と俺はその場を後にした。



「土方さん、入るぜ。」

 俺が一休みする間もなく文机で届いていた書状に目を通していると、原田の声と共に背後の障子戸が勢い良く開いた。
 原田は神妙な顔つきをしたまま、でかい図体で部屋の前に突っ立っている。

「…何の用だ。」

 座っている俺が見上げた状態で睨みながら聞くと、原田は俺の了承もなしに障子戸を閉め、畳の上にどかりと胡坐をかいた。

「さっきあんた、オレに言ったよな?「千鶴を女扱いするな」ってよ。あんただって女物の手拭なんかあげて、千鶴の事を贔屓してんじゃねぇか。言っている事と、矛盾してねぇか?」

原田が投げつけてきた言葉は、予想通りのものだった。
(まぁ…俺がこいつの立場でも、同じ反応だろうな)
(今更後悔しても後の祭りだが、原田の前で渡すのは避けるべきだったな……)

「あいつは、いつも甲斐甲斐しくお前等の世話を焼いているからな。労いとして、褒美をやっただけだ。」
「…わざわざあいつに似合いそうな物を選んでおいて、「褒美」?もっとマシな言い訳はねぇのかよ。」

 鼻で笑う原田の瞳は、明らかに俺を挑発していた。
 こいつはおそらく、千鶴に惚れているんだろう。
 色町にでも行けば、言い寄ってくる女なんかそれこそ数知れずいるだろうに…数々の浮世を流しながらも、辿り着いたのは千鶴だったって訳か。

「たまたま外出した先が、小間物を扱う商家だったんだよ。他意はねぇ。それにあいつは、父親が見つかったら江戸へ帰る身だ。結局は離れる身だって分かっている奴に、情なんか移してどうするってんだよ。不毛なだけじゃねぇか。」
「…」

 実際俺達は、今は京を警護する務めがある為ここに拠点を置いている。
 だが、上から命令があればいつでもどこへでも馳せ参じなきゃならねぇ身だ。
 千鶴も、親父が見つかれば江戸へ戻る事になるだろう。
 人の命が紙屑みてぇに儚い世の中、人の命を冷徹に刈り取る事もある俺達と、人を生かす為に生きる医師を父に持つ千鶴。
 どうやっても、今後交わる事なんかねぇじゃねぇか。
(まさに、不毛…だな)
 俺が心の中で自嘲していると、原田が熱のこもった声で「土方さんにだけは言っとくけどよ」ともったいぶった話し方をしてきやがった。
 顔を見ると、いつもの余裕のある自信に満ちた顔をしていやがる。
(何だ……!?)

「鋼道さんが見つかっても、オレはあいつを江戸へ帰らせる気なんかさらさらねぇ。このまま、京に住まわせるつもりだからよ。」
「…あぁ?そりゃ、一体どういう意味だ。」


「決まってるじゃねぇか。オレが、千鶴を嫁に貰う。」


(原田の野郎……今、何て言いやがった?)

「はぁっ!?」

 俺が思わずでかい声で聞き返すと、原田はいつもの笑顔のまま、至極真面目な瞳でこくりと頷いた。

「…正気か、お前?」
「あぁ。千鶴には何にも話しちゃいねぇし、まだ恋仲にもなっちゃいねぇけどよ。オレは、その気だぜ?」

 確かに、こいつが千鶴に惚れているのは本当なんだろう。
 だが、あいつは違う筈だ。
 屯所でのやり取りを見ても、こいつの事を男として意識しているようにはとても見えねぇ。
 そうなると、今のところはこいつの完全な一人相撲って事になる。
 それでなくともあいつは、勘の良い奴ならすぐに見破れるようなちゃちな男装をして、無謀にも女一人で江戸から京までやってきた変り種の女だ。
 そこら辺の女とは訳が違う。
 さすがの原田でも、相当手を焼くに違いねぇ。
(…俺でも、ちっと手を焼いている位だからな)
 俺はくるりと文机の前に座り直すと、「そうか」と短く返事をして手元の書状へと視線を落とした。
 原田は虚を突かれたのか、がっかりしたような声を上げてきやがった。

「…何だよ、そんだけか?オレぁてっきり、土方さんも腹ん中はオレと同じだと思ってたんだがな。」

(俺はお前と違って、立場やら何やらをいちいち考えちまうんだよ)
 まともに後先を考えねぇまま、出たとこ勝負でじたばた動けるほど、俺ももう若くねぇしな。

「悪いが俺は、腹に鉄の味を覚えさせたいとは思わねぇよ。…それより、原田。あいつは今、新選組の客人の扱いだ。あいつが「やりたい」って頼み込むから仕方なく雑務をやらせちゃいるが、新選組の隊士じゃねぇ。大事な客人に、妙な真似するんじゃねぇぞ。」
「…それは、副長としての命令か?それとも、同じ男として受けて立つ…って意味か?」

 原田は腕組みをしたまま、挑戦的な笑みでこっちをじっと睨んできやがった。
 「勝負に乗る乗らねぇはあんたの勝手だが、オレは負ける気はねぇ」―――ぎらぎらと光る瞳が、そう告げていた。
 俺達は互いに無言のまま、じっと睨み合っていた。
 部屋の中の空気が、まるで試合してもしているかのように張り詰めたものになっていく。
 実際、男同士の意地の張り合いだからな―――それほど間違ってもいねぇのかもしれないと思った。
(…そんだけあからさまに喧嘩を売られて、買わねぇ奴は意気地のねぇ男だけだ)
 鬼だとか堅物だとか言われても別に何とも思わねぇが、男としての汚名を着せられるのだけは勘弁ならねぇ。
 特に、仲間からはな。

「どう取ろうと、てめぇの勝手だ。好きにしろ。…だがな、原田。お前の思う通りにだけは、させねぇよ。勝負事ってぇのは、勝つ事が重要だからな。」

 局中法度にはこの俺も一枚噛んでるってのに、その張本人が幹部と女の取り合いだなんて、な。
 近藤さんに知られたら、顔向け出来やしねぇ。
 それでも、引くつもりなんかさらさらねぇって思っているんだから、俺も焼きが回っちまったもんだ。
 原田は、俺の言葉に一瞬だけ瞠目したかと思うと。

「…面白れぇ。それなら、とっととあいつの親父さんを見つけてやらねぇとな。話は、それから…だな。」

 心底嬉しそうに挑戦的な瞳を称えたまま、にやりと笑った。
 敵の前で挑戦的に笑う時の―――獲物を見つけた時の瞳と、同じものだった。

「そう思うなら、とっとと見つけてやれ。その後がどうなるかは…分からねぇがな。」


 悪いが、俺は負けず嫌いなんでな。

 みすみす勝ちを譲る気はねぇよ―――この勝負だけは…な。


-了-

――― あとがき ―――
このお話は、「土方VS左之」の対決話です。
この二人は他の隊士達に比べると「大人」なので、「どうやって対決させるか?」とても悩みました。
そこで、左之さんが無意識にやっている「千鶴ちゃんを自然に褒める」という事を、やはり無意識で千鶴ちゃんを甘やかしている土方さんに、「副長の立場として難癖をつける」…という少々理不尽な話にしてみました。

土方さんが、つい手拭を買ってしまった…というエピソードですが、彼の性格を考えると「客人である千鶴ちゃんに思いを寄せている」という事は、近藤さんには口が避けても言えないんじゃないかと思いまして(笑)。
千鶴ちゃんの事を考えていた手前、若干後ろめたかったのでつい下手をうってしまった…という展開にしました。土方さんファンの方、すみません;

後に結局左之さんからツッコミを入れられますが、まぁ当然ですよね(笑)。
左之さんの言葉をのらりくらりと交わそうとする土方さんですが、自分の中の迷いの所為もあって結局左之さんに喧嘩を売られてしまいました。
彼等は武士としての矜持とか、男としての面子とかを気にすると思ったので、左之さんからの「男として売られた喧嘩」を、土方さんが買わない訳ないかなと思い、思いきって喧嘩を買ってもらいました。

鈍い彼女に、自分を意識させて最後に手に入れる事が出来たのは、果たしてどっちなのか?そこは、読み手の皆様にお任せ致します。

タイトルの「惑いの相剋」ですが、「悩める人(土方さん)の相剋(対立・矛盾)」でそのままの意味です(笑)。
サブタイトルの「You have a lot of nerve」は、「良い度胸だ」「図太い神経だ」という意訳なんだとか。
彼等なら、好戦的な時に「良い度胸じゃねぇか」と言いそうだったので、このフレーズにしました。

テーマ : 二次創作:小説 - ジャンル : 小説・文学

タグ : 対決

<< SSV・土方編- Fleur de fleurs - 守り人の目論見 - You have a lot of nerve- >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 BLOG TOP 

プロフィール

となみかや

となみかや/1073kaya Admin
薄桜鬼・うたプリ・刀剣乱舞に、
重篤レベルで嵌り中。
千鶴受/春歌受/女審神者受

Twitter: @to7mikaya_3na10
Pixiv: 4211441


※現在、WEB拍手は3作品です。
龍鈴(薄桜鬼)/原千(薄桜鬼)/
薬研&光忠(刀剣乱舞)

カテゴリー

シリーズ(完結済)

薄桜鬼。2話~の作品。完結済。
◆ジレンマシリーズ
沖田編 1234
斎藤編 123456
平助編 1234
原田編 123
土方編 123456

◆対決シリーズ
沖田VS平助 沖田編平助編
原田VS土方 原田編土方編

◆片思い対決(色)
沖田VS斎藤 沖田編斎藤編

◆SSV(バレンタイン)
沖田編
斎藤編後日談
平助編後日談後日談2
原田編
土方編
山崎編(移行中)

◆雨上がりの行方(沖千斎)
沖田編斎藤編

◆翻弄しないでくれる?(沖千)
本編番外編

◆幸福を得た獣(土千)
本編番外編

◆果てなき心(原千)
前編後編

◆笑顔に会いたい(平千)
前編後編

◆祈り結く声(平千)
前編後編

◆目覚めた想い(平千)
1234

メールフォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。